長興山紹太寺のしだれ桜は満開

朝からの雨が、夕方には上がるという予報が出ていたので、そろそろいい頃の長興山紹太寺のしだれ桜を撮りに行った。予報通り、入生田の駅に着く頃には雨はあがっていた。風が強いものの、レンズに水滴がつかずに撮影できるのでありがたい。

さすがにずっと雨だったので、人出はほとんどなく見頃の桜とちょっとそぐわないような。
静かでいいんだけど、ここまで人がいないと寂しいねえ。
花数は昨年より多くて、樹勢の衰えに歯止めがかかったようにも思える。
ここの桜の幽玄な雰囲気が好きな人は多いので、今後も元気に花を咲かせてほしい。




長興山紹太寺のしだれ桜 長興山紹太寺のしだれ桜 長興山紹太寺のしだれ桜
長興山とだいたい、咲く時期の重なる真鶴の荒井城址公園にも行こうと思ったんだけど、小田原駅に着いたら、東海道線が運転見合わせのアナウンス。相模川の水位上昇で止まっているらしい。相模川がそこまで水位上昇というのは今まで聞いたことがなかったけど、あの広い川幅で増水ならば、当分は下がることはないだろうと、真鶴はあきらめて徒歩で帰宅することにした。駅員さんも、復旧の目処は立っていないと言っていた。
まあ、最悪、真鶴から歩いて帰る事態だってありえたのだから、不幸中の幸いとしておこう。と思ったら、酒匂川の陸橋では貨物列車が走ってるよ 笑。
スマホで確認すると、運転再開したらしい。
おいおい、目処が立っていないんじゃなかったのかいな。
続報で、相模川の水位上昇は計器の故障で誤報だったらしい。ヒドいねえ。「復旧のめどが立たない」って、いかにも被害を把握してるような言い方は止めましょうよ。

「長興山紹太寺のしだれ桜は満開」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)