瓜生野百八松明 (うりゅうのひゃくはったい)

秦野市瓜生野地区で毎年8月14日に行われる瓜生野百八松明 (うりゅうのひゃくはったい)はなんと、室町時代から続くと言われている。麦わらでつくられた大きな松明を権現山に運び、日の暮れた頃に点火し、麓の龍法寺門前まで担いで運ばれる。

五穀豊穣と悪疫退散を祈る伝統行事で、市や観光協会のサイトを見て以前から興味があったんだけど、今年やっと撮影に行く事ができた。
富士山から帰って中一日だったんで、筋肉痛もピーク、標高差はさほどないけど低山なので少し登っただけでも、暑くてたまらなかった。
瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り 瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り
参加者の皆さんは、火のついた巨大松明を運ぶわけなんで、さらに大変そう。
材料は麦わらなので、あっという間に燃え尽きて危なそうなんだけど、そこは数百年も続いてる行事なので、よく考えられていて、荒縄が短いピッチでかけられているので、火はそこまでくると、勢いが抑えられるようになっている。
瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り 瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り 瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り 瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り
縄をとくと、空気が入りまた火勢が増すということを繰り返し、調整しているようだった。
麓の龍法寺門前まで来ると、持ってきた松明を大きく振り回す。これがこのお祭りのクライマックスらしくて、三脚を構えた多くのカメラマンが待ち構えていた。おそらく、カメラ雑誌の賞を撮った人がいるんじゃないかな。
その一人は後幕シンクロのスローシャッターで撮ってると言っていた。
こちらは山から降りてきて、三脚をセットする余裕もなかったんで手持ちで。
露出はマニュアルで決めて、ストロボもマニュアル発光で撮ってみたら面白いかもしれないなと思った。




瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り 瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り 瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り 瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り 瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り
山に行く時は、汗の乾きを考えて夏は化繊ばかりなんだけど、ここに行くなら安全を考慮して綿のほうがいいかもしれない。
江戸時代から受け継がれる盆踊りも
瓜生野百八松明 瓜生野盆踊り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)