真鶴三石の天の川

ひらつか七夕織姫セレクション2017

湘南ひらつか織り姫セレクションの1次審査、2次審査により選出された6人の中から、インターネット投票(投票総数6,791票)を行い、2次審査までの結果を考慮し、第67回湘南ひらつか織り姫3人が決定しました。
新織り姫3人は、第67回湘南ひらつか七夕まつり(7月7日~7月9日)の開催に合わせてデビューします。平塚市の公式行事に1年間参加し、市のPRとイメージアップに努め ます。

湘南ひらつか七夕まつり公式サイトより

早いものでもう七夕の話題が出てますね。このニュースでオオっ!と思ったのは織姫のお一人が平塚のよさこいチームで活躍されてる方で、湘南よさこい祭りなどでよく撮影する機会があったから。鍛え上げられたチームなので踊りが素晴らしいのは言うまでもないけど、表情の作り方など細やかな表現が印象に残ってる踊り子さんなので写真を見たときにすぐわかりました。

よさこいチームの地域貢献度というのは、地元のお祭りで踊るというだけでなく他の地域のお祭りでも「平塚市のチームです」とアピールできるので拡大的になる。よさこいが好きな方が「平塚にもよさこいがあるなら行ってみようか」となるし、他チームの踊り子さんも興味を持つだろう。だから、彼女が選ばれたのはいいことだなと直感的に思った。これまでもずっと平塚市をPRしてきたチームの一員だから。

ただ一部のジェンダー系からこういう投票に対して批判的な意見もある。平塚の七夕まつりでは時代で変わる常識に合わせて、織姫の選出も変化させてきたようだ。2004年には「ミス」の名称がなくなり未婚が応募条件から削除され、2012年からは「コンテスト」をやめ「セレクション」となっている。
<スポンサーリンク>



個人的にその批判に何かを言う、全面的に反論するというつもりはなく、様々な方向から見ている人がいて当然だとも思う。こちらは期待とおめでとうの方向から写真を貼ってみる。

湘南よさこい 2016 疾風乱舞
湘南よさこい 2016 疾風乱舞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)