大井町篠窪の菜の花畑はちょっと寂しい景色だった 2017

富士を望む菜の花畑の絶景が有名な大井町「ふるさと農園四季の里」だけど今年はよくない。連作障害の影響があると言われているメインの畑は成長が悪く、花数も極端に減っている。「菜の花さくら祭り」もアナウンスがないので昨年に続いて開催されないのだろう。かなり寂しいね。




篠窪の菜の花畑2017

篠窪の菜の花畑2017

篠窪の菜の花畑2017

あと気になったのが、生木を削り出した見事なチェーンソーアートが撤去されていたこと。ここを公園のようにする予定だったのではないのかな?公式サイトも更新されていないので、そのあたりがまったくわからない。ただ、新松田駅から徒歩でこちらに向かうコースに案内の標識が出ていたので、初めての人でも迷わず来られるようにはなった。農道を通るコースが少し分かり辛かったんだよね。運営している「NPOしのくぼ」の方々は里山再生に尽力されているのだろうけど、なにしろ自然相手のことなので難しい側面がいろいろとあるようだ。
2017.03.12 写真撮影

ふるさと農園四季の里
見事なチェーンソーアート(2015年撮影)
篠窪の菜の花畑2017
切り出された切り株

畑の周りに植栽されている地元産の「足柄桜」は開花直前。一本だけ3分咲き近い木があった。
篠窪の菜の花畑2017

篠窪の菜の花畑2017

「大井町篠窪の菜の花畑はちょっと寂しい景色だった 2017」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)