酒匂川花火大会 2015

昨日、1日は酒匂川の花火大会の撮影。

昨年は矢倉岳から挑んで大失敗だったので、山からの花火のリベンジで国府津の山から撮ろうと思ったんだけど、湿度が高くてモヤっているので諦めた。
今年は、西岸の南、露店が並ぶ一帯の後ろから撮って、お祭りの雰囲気を入れつつ花火を撮ろうと狙ってみた。
今使ってるカメラには、花火の長秒撮影に便利なコンポジット機能がついている。フォトショップで言う比較明合成で、長秒露光時にはなかなか便利だ。
ロングシャッターだと、背景が明るくなったり、花火が重なってるところが明るくなりすぎて白く飛んでしまったりするので、比較して明るい部分だけを重ねてくれるのが便利だ。花火では初めて試したけど、なかなか使えそう。白トビしにくいとは言っても、閃光弾のように瞬間的に明るいのは難しかった。
同日には「大井よさこいひょうたん祭り」もあるんだけど、このところご無沙汰が続いてる。一番の理由が流し踊り会場のライトが逆光で、非常に撮影しにくいので不本意な写真が山のように溜まっていくので心が折れる。二つ目は、地元の写真屋さんが写真販売しているようなので、じゃまになってもよくない(ヨイショットなどの外の業者には遠慮しないけど)。そして、過去にアマチュアカメラマンの逮捕という事件もあったので、主催者側が一般人の撮影に対して神経質になっているだろうと予想されるのも、足を遠のかせてる理由だ。撮りたいチームはたくさん出場してるんだけどね。しょうがない。




酒匂が花火大会 2015 酒匂が花火大会 2015 酒匂が花火大会 2015