第15回ODAWARAえっさホイおどり

えっさホイおどりはこのところ、お城の下の本丸会場から撮り始める事が多い。第一日目は本丸会場が始まる前に栄町会場を少し撮って戻った。

今年は少し演舞位置が動いて天守閣から少し距離のある地点なので、それまで超広角でなければ全景を入れる事が難しかった小田原城が、標準ズームで余裕で入る。
小田原城の撮影スポットとしても、最も絵になりやすい一等地をよく使えたものだと感心する。
それに加えて、これまでブログでもネチネチと不満を書き連ねてきた、三角コーンと虎バーの工事現場セットが撤収されたのでカメラマンにとっては絶好の条件が揃った。ああ、ありがたい。
なんでも今年はフォトコンテストも行われるとの事なので、撮影も気兼ねなくできる。3年くらい前は肖像権があるから、どうのこうのというアナウンスもされていたけど、変ってくれて助かるねえ。
当時とは変って今はスマホで気軽にツイートできるから、撮影に圧力をかけない姿勢はお祭りのアピールという意味でも大事だと思う。でもこればっかりは実行委員会の方針だから(それがお祭りの色でもあるし)こちらからはどうしょうもないけどね。
参加チームは21日と22日の合計で50チームを超えて、県内でも屈指の開催規模となった。
本当にいいお祭りになったと思う。
9年前に撮りはじめた頃、ここまで大きくなるとは想像してなかったけど、自発的に踊りたい人が踊って観客を楽しませ、観ている側もちょっとした勇気と努力で敷居を乗り越え、踊る阿呆になれる、その可能性に強く惹かれたの思い出す。踊りに魅せられた人が、明くる年にはステージに「ぴょん!」と乗れるのだから素晴らしい。熱いよねえ。
台風で大騒ぎだった昨年とはうってかわって、天気がよすぎるくらいの二日間で水分は摂ってるつもりでも脱水っぽくなってしまった。久しぶりに重いカメラとレンズで撮ってると夕方には指が何度もケイレンして難儀した。今年の夏はよさこいをほとんど撮らなかったので、レンズと合わせて2キロ近いカメラを久しぶりに長時間構えるとえらくしんどい。それに水分不足が加わってケイレンしたのだろう。
もう、こういう撮りかたはやめたほうがいいのかもなあ。と、撮り終えたあとは思うんだけど、翌年はまた同じように撮ってしまうのだなあ。
今年は15年の記念大会ということで、各会場でその話が出ていた。第1回があったから15回という今年があるのだと、あたりまえの事をしばらく考えたりもした。今と違って、よさこい系のお祭りも関東近辺ではあまりなく情報も限られていたのだと思う。おそらくは、がむしゃらに踏み出した一歩があったのだろう。損得勘定が得意な人はそんなことはしないよね。言葉アレだけどやっぱり阿呆なんだと思う。偉大な阿呆たちの第一歩があった。それは確かな事でしょう。
撮りすぎた写真を前に途方に暮れている自分もまたある種の阿呆なんだけどね。スケールが小さい小阿呆かな。
アルバムはこちら




えん舞連
ODAWARAえっさホイおどり 2013
疾風乱舞
ODAWARAえっさホイおどり 2013
伊澤屋
ODAWARAえっさホイおどり 2013
ODAWARAえっさホイおどり 2013
猿子舞隊 猿楽
ODAWARAえっさホイおどり 2013
あつぎどっこいしょ
ODAWARAえっさホイおどり 2013
舞ルネサンス
ODAWARAえっさホイおどり 2013
Funny
ODAWARAえっさホイおどり 2013
踊って弥雷!
ODAWARAえっさホイおどり 2013
ど~んと Coco de 踊らん会
ODAWARAえっさホイおどり 2013
摩耶恋
ODAWARAえっさホイおどり 2013
よさこい舞友伝
ODAWARAえっさホイおどり 2013
Splash Monkies
ODAWARAえっさホイおどり 2013
乱気流
ODAWARAえっさホイおどり 2013
浜スマ
ODAWARAえっさホイおどり 2013
ぴょんぴょん天手子舞
ODAWARAえっさホイおどり 2013
舞姫
ODAWARAえっさホイおどり 2013
ちーむこなきうぃずえみりんず
ODAWARAえっさホイおどり 2013

開成阿波おどり

14日の夜は開成阿波おどりの撮影。9月はこの阿波おどりとえっさホイおどりの撮影が楽しみ。ここ数年は桟敷席のあるセンター会場や小学校前会場で撮る事が多かった。桟敷席に空きがある時は楽だしやはり、照明が明るいので撮りやすい。

今年はいつも同じじゃつまらないので下延沢第二会場で撮ってみた。
こちらは、メインの二会場より人が多くないので、そういう意味では撮りやすい。
ただ、カメラのAFは暗い分迷いやすいかな。
今年はうれしい事に、個人的ファンの伍楽連が来てくれた。
当日の アルバムはこちら




開成阿波おどり 開成阿波おどり 開成阿波おどり

南足柄 酔芙蓉農道

先週の土曜日は、毎年恒例の撮影、開成阿波おどりだったけど、その前にそろそろ咲き始めたという情報があったので、すぐ近くの酔芙蓉農道の様子を見に行った。

まだつぼみのほうが多かったけど、まずまず、見頃に。
今日から29日の日曜日までは酔芙蓉祭りも開催される。




酔芙蓉農道 南足柄 酔芙蓉農道 南足柄

まつだ観光祭り

またもサボリ癖がついて、久々の更新で申し訳ない。
遡るのは8月24日のこと。

まつだ観光祭り・あしがら花火大会を取材するのは久しぶりのような。

毎年、原宿のよさこいと被っているので撮影できなかったんだけど、今年は地元の祭りを中心に撮りたかったので、よさこいではなくこちらを。
今年からは開成町も共催のあしがら花火大会にあわせて、音楽イベントを開くのでそちらの様子も見てみたかった。
観光まつりのメインは、大名行列で新松田・松田駅周辺の商店街から、メイン会場へと流れていく。箱根よりこの大名行列のほうが古くて、あちらは松田を手本に始められたとも言われている。個人的にも人混みのスゴい箱根より、こちらのほうが好きだなあ。
開成町のイベントは、地元のバンドに加えて、小田原高校出身の巻上公一さんが中心となった「ヒカシュー」が登場!こういうイベントに出演される事もチョット驚き。
その後は花火撮影のためにハーブガーデンへ。湯河原でも感じたけど上から見る花火もまたよい。




松田観光祭り 松田観光祭り 松田観光祭り 松田観光祭り 松田観光祭り 松田観光祭り 松田観光祭り 松田観光祭り 松田観光祭り松田観光祭り 足柄花火大会

大山絵とうろう

7月の27日から8月の18日の金曜から日曜日まで参道や、大山寺、下社が「絵とうろう」や「牛乳パックとうろう」で飾られた。最終日の18日に出かけてみた。
大山は紅葉の時など、混雑するのでどうかなと思ってたんだけど、さほどでもなくゆっくりと撮影できた。




大山絵とうろうの祭典

大山絵とうろうの祭典

手作りの絵とうろうなので、大きなコストがかかってるわけでないけれど、工夫とアイデアで風情のある催しとなっている。
見慣れたこま参道も少し雰囲気が違って見える。