阿弥陀寺のあじさいはちょうど見頃

塔ノ峰から30分ほど下ると、アジサイで有名な阿弥陀寺につく。

前週の木曜日に小田原でピークやや過ぎだったので、ちょうどいい頃だと予想していたけど見事にその通り。花弁の丸いうずあじさいなどはチョット早かったけど、他はだいたい見頃。

中でも印象に残ったのが、小さな手まり状のあじさいで、キレイなピンク色をしている。
帰って調べてみると、珍しいピンクアナベルらしい。




阿弥陀寺のアジサイ 阿弥陀寺のアジサイ 阿弥陀寺のアジサイ 阿弥陀寺のアジサイ
ピンクアナベルが目を引く

阿弥陀寺のアジサイ

阿弥陀寺のアジサイ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(2013.06.23撮影)

明神ヶ岳~明星ヶ岳~塔ノ峰

最乗寺からは、実は二カ所の登山口がある。一カ所はメジャーな山の地図に載っている三門を抜け明神橋から入る入り口、もうひとつは奥の院横から入る入り口。後者は金時山側に出るので、今回は明星側に近い前者から登る。

最初の階段付近でかなり急登なので、のっけから息切れがする。しかも、蒸し暑いのでいきなりアゴが上がり気味。ちょっと、山から遠のくとあっという間に、体力が落ちてしまうのが哀しいところだ。




山道入り口付近の石仏
明神ヶ岳山道
二カ所の水場「神明水」「明神水」ともに枯れていなかった。
明神ヶ岳山道
シモツケソウ
明神ヶ岳山道
ヤマボウシ
明神ヶ岳山道
ニガナ?
明神ヶ岳山道
アマギアマチャ
明神ヶ岳山道
今年は一応、蛭ヶ岳登頂と富士山の再登頂を目指しているので、なんとか体力強化を図りたいんだけど、普段運動しないものだから、なかなか思うに任せない。
このルートくらい、余裕を持って登りたいんだけど、疲労感がハンパなかった。
早雲地獄と大湧谷は混同しがち
明神ヶ岳山道
山自体は、蒸し暑いのを除けば雨も降らず、山野草も多く見られ悪くなかった。特にルート全体でピンク色のシモツケソウが咲いていて、華やかでいい。高所に咲いている事が多いヤマボウシもちょうど目線くらいの見やすい所に多く自生していた。
明神から明星への尾根道は歩く人が少ないのか、登山道がヤブ化している箇所が多くて難儀した。というのも、アザミが多く茂っていてチクリチクリとやられる。ハーフパンツのトレランの人たちは大変だったのではないかなあ。
明星ヶ岳山頂では大文字焼き用の竹が干されていた。
明神ヶ岳山道
明星ヶ岳から塔ノ峰は基本下りだから、もう少し楽だと思ってたけど、登り返しがあったり、舗装路があったりで疲れた脚に追い討ちをかける。
塔ノ峰山頂であまりの疲労感に眠ってしまいそうになってしまった。(苦笑)ここで眠ったら死ぬ……かもしれない。たぶん大丈夫だろうけど。笑
阿弥陀寺へ降りるとき、久しぶりに膝が笑ってしまった。
(2013.06.23撮影)

最乗寺参道のあじさい

 最乗寺(道了尊)と塔ノ沢の阿弥陀寺であじさいがそろそろいい頃合いじゃないかと、23日の日曜日に撮影へ出かけてみた。ついでというか、体力維持をかねて移動は山登りで最乗寺から明神、明星、塔ノ峰経由で。

最乗寺は6月後半から7月初頭にかけてがいいんだけど、今年はチョット早いのかなあ。もうすでにピークの様子だった。まあ、アジサイはすぐに枯れてしまう事はないので、しばらく良い状況が続くのだろう。
車道側に多くの株が植えられているので、車に注意しながらの撮影が大変だった。
けっこうスピード出す人が多いから、気をつけてください。




最乗寺参道のアジサイ 最乗寺参道のアジサイ 最乗寺参道のアジサイ 最乗寺参道のアジサイ

(2013.06.23撮影)

小田原城址公園のアジサイはまだ見頃

ここ最近、小田原城址公園のハナショウブをマトモに撮った事がない。

いつも、ピークに当たらないか、花のデキが元々今ひとつなのかわからないけど、「これは撮りたい!」とと思える事がほとんどない。
それに比べて、アジサイは毎年安定して楽しませてくれる。
今年もそれはいっしょで、ハナショウブはポツポツ咲いてるだけだけど、アジサイはややピークすぎだけど、まだ見頃が続いている。
今週末までのイベントまではなんとか持ちそう。




小田原城址公園 ショウブ アジサイ 小田原城址公園 ショウブ アジサイ 小田原城址公園 ショウブ アジサイ 小田原城址公園 ショウブ アジサイ 小田原城址公園 ショウブ アジサイ 小田原城址公園 ショウブ アジサイ 小田原城址公園 ショウブ アジサイ

熱海梅園 ほたる観賞会

夜の部、熱海梅園のホタルは数こそそれ程ではなかったものの、かなり暗いので発光が鮮やかに写る。7時半頃はあまり活動的ではなかったけど、8時近くなってアクティブなってきた。数にしてオスが30~40匹でメスと合わせて50匹前後だろうと思う。日曜日で宿泊客が少ないと思うけど、以前よりお客さんの数は多かった。そうなると、必ず出てくるのが、スマホやコンパクト機で撮ろうと頑張っちゃう人たち。AF補助光があちこちで光る。さすがにコンパクト機のフラッシュを光らせてる人は少なかったけど、それでもたまにいる。

今年は珍しく、係の人が回って注意してるんだけど、なかなか減らない。僕のところに来て、フラッシュは止めてくださいねえなどと、とぼけた事を言うので「どこか光ってますか?」と半笑いで返す。だいたい、フラッシュついてないし。液晶も消している。ついでだから、フラッシュもそうだが、スマホなどのAF補助光が一番多いから気をつけてみててほしい、と要望しておいたけど、AF補助光がなんの事かわかってるのか疑問だった。撮影の注意をうながす人はある程度カメラの事を理解してる人にして欲しい。そうすれば、携帯やコンパクト機じゃホタルは撮れないとハッキリ言ってくれると思う。




熱海梅園 ホタル