湯河原梅林は満開と言っていいと思う 2017

2月に入るなり怒涛の開花ラッシュで、梅や河津桜の撮影で忙しかった。いつもの年だと松田の河津桜湯河原梅林は2月末から3月の頭くらいに撮りに行くけど、今年は花期が短期間に凝縮したような感じがある。19日の日曜日、おそらくは湯河原梅林もピーク近いと予測して出かけると、やはりドンピシャだった。まだ2、3分咲きの木はわずかで、ほとんどが満開に近く、花を落としてる木も目に付いた。まあ、例年より10日は早いよねえ。

いつものように、下から一通り撮った後に幕山に登って昼食。ここは一時間ほどで登頂できるので、軽い気持ちで足早に登り始めると途中でバテるのは経験済み。最初からペースを落として登るのがいい。山頂は正午を少し回った頃だったのもあって、満員だった。毎年、登る人が増えてるような気がする。トビが上空を旋回して山頂がプチパニックになったハプニングがあり、内心で決定的瞬間を撮れるかもしれないなとブラック亀根性が顔出すが、大事には至らず。←おいおい、おっさん!

梅林に戻ると、太陽が雲に覆われ写真の花の色が出ない。まあ、しょうがない。西側の東屋方面をまわって帰宅。




湯河原梅林 2017 湯河原梅林 2017 湯河原梅林 2017 湯河原梅林 2017

サンショウバラの丘から不老山 2015

サンショウバラが咲くこの時期は明神峠へのバス乗客が激増する。30日も100人以上が駿河小山駅に行列を作っていた。増便は1台出るが、バスの確保ができなかったため、乗り切れない人は諦めてくれという。かなり後ろのほうだったので不安だったけど、なんとか詰め込まれて出発。峠道を行くので、けっこう辛い。

バスの出発までかなり時間を食ったので、登りはじめは9時30分過ぎと予定より遅め。
まあ、でもさほどハードなコースではないので、心配はしなかった。
明神峠からサンショウバラの丘までは、いくつかの小ピークを越えて行く快適な道。一昨年同様にヤマツツジが咲いていて、新緑に良いアクセントになって映える。
サンショウバラの丘・不老山
サンショウバラの丘のすぐ下あたりから、サンショウバラをチラホラと確認できる。今年は一昨年ほどの花はなく、ピークドンピシャではなかったものの、花付きの良い木もそこそこあり楽しめた。富士山とのコラボ写真は今ひとつだったけど、まあ満足。




サンショウバラの丘・不老山 サンショウバラの丘・不老山 サンショウバラの丘・不老山 サンショウバラの丘・不老山
サンショウバラの丘を越えて行くと、世附峠に出る。ここには花付きの良い木が何本かあるけど今年はタイミングがよく、ピークのようだった。
サンショウバラの丘・不老山
世附峠からはこのルートの核心部になる急登が待っている。40分ほどはずっと登りで息が上がる。ただ、前週の檜洞丸と比べれば全然短いので、休憩を取らずに登りきった。
不老山は、世附峠と同じく花付きがいい。この二カ所だけでも見る価値はあったかなあ。
サンショウバラの丘・不老山 サンショウバラの丘・不老山

秦野丹沢まつり 2015

だいぶ時間が過ぎてしまったけど、4月19日(日)には秦野丹沢まつりのメイン行事、山開き式に行った。一昨年も撮影してるのだけど、雨が降っていたため、アルプホルンやコーラスの方々が雨合羽を着ている写真なので、どうも「山開き」という雰囲気が伝わってこない。このままの写真でコンテンツにするのも寂しいので、撮り直すことにした。

ここだけの話ではないけど、このような自治体主催イベントの時は、来賓がメチャクチャ多くなる。100人コーラスがこの式で行われるんだけど、100人来賓かよ!と延々と続く紹介で思った。誰がそれを望むのか一考を。




アルプホルン
秦野丹沢まつり
100人コーラス
秦野丹沢まつり
山開き式
秦野丹沢まつり
集中登山
秦野丹沢まつり
大倉では八重桜がキレイだった
秦野丹沢まつり
丹沢まつり、山開き式なのだから登山がメインになるのかと思いきや、登山は地元山岳会の方が中心になって、数十分で到着する大倉高原の家まで登り、そこで自由解散となる。まあ、みんな当然のように山頂を目指すのだけどね。
山頂ではヤビツ峠から表尾根を登ってきた隊と合流し、山開きの鍵の交換をして式が終わるわけだけど、表尾根隊の到着がかなり遅くなり、寒さに震えながら待つのも限界。大倉隊の隊長さんに確認したところ、あまり遅くなるようだと、交換せずに降りることもあるというので、待ちきれずに降りる事にした。
山頂の気温は8度で小雨混じりの風が強く、本当に凍えるようだった。(この後、長引く風邪をひいてしまい大変だった)
大倉隊はかなりの健脚揃い。ついていけなかった
秦野丹沢まつり
ヤマザクラ、マメザクラが見頃だった
秦野丹沢まつり秦野丹沢まつり
ふもと近くにはヤマルリソウも
秦野丹沢まつり

駒ヶ岳ロケハン

毎年、初日の出をどこで撮ろうかと迷う。

前から気になっていた、駒ヶ岳にロケハンがてら早雲山から登ってみた。
登山目的ではないので、神山をバイパスするお中道を通って山頂までは約3時間の道のりだった。ケーブルカー早雲山駅は標高700メートル以上あるので、登りがキツいのは最初の1/3程度で、体力的にはそうたいしたことはなさそう。
しかし、前日の雨で凍結している所が随所にあって、油断はできない。
登山電車の最終で強羅についても、2時間以上は待つ計算なので、チョット辛いかなあ。
風の強い山頂以外に休めそうな場所もない。
箱根園から5時30分始発でロープウェイが出る予定らしいけど、そこまで行く足がないので難しいんだよねえ。それだけの為にレンタカーを借りたりできないし。




山行自体は、期待していなかった霧氷が撮れて満足だったけど、山頂の風の冷たさと凍結箇所で油断がならないと思った。
駒ヶ岳の霧氷 駒ヶ岳の霧氷 駒ヶ岳の霧氷 駒ヶ岳の霧氷
相模湾を見渡す初日の出には申し分のないロケーション
西斜面ではよく霧氷がついていた
神山にも
そうそう、前からやろうと思っていたツイッターを急遽入れてみた。
ツイッター  こちらもよろしくおねがいします。

檜洞丸 シロヤシオ 2014

25日の日曜日は、恒例となった檜洞丸のシロヤシオの撮影へ。

昨年とは逆回りの犬越路から登り、つつじ新道を下りるルートで行くことにした。今年も西丹沢山開きの日なので、新松田からは増便がかなり出て余裕で座って西丹沢自然教室まで行くことができた。
昨年は会場でバンダナを配っていたんだけど、今年はオリジナルの木のお札。正直言って、バンダナが良かった。 笑
犬越路までの道は急登でかなり辛いんだけど、おそらく雪で餓死した鹿の死体が二体あって、辛さも倍増する。でも、これも摂理なのだよなあ。グロが苦手な方はこの道は通らないほうがいいかも。
しかし、いつにも増して足が上がらない。先週は大倉ー丹沢山を登ったのだから、トレーニング不足とは思えない。推測すると服用してる血圧の薬が筋疲労を増大させているような気がする。副作用にはそういう記載もあるし。
そんなわけで、あいかわらずいっぱい一杯の登山なのだけど、標高1200メートルを過ぎたあたりから、つつじが顔を見せてくれる。つつじ新道とは違って、こちらは赤紫のトウゴクミツバツツジも多くて、目を引く。




檜洞丸 シロヤシオ 2014 トウゴクミツバツツジ
山肌もつつじで彩られる
檜洞丸 シロヤシオ 2014
稜線に咲くシロヤシオ
檜洞丸 シロヤシオ 2014
檜洞丸 シロヤシオ 2014
つつじはおよそ、標高1500メートルくらいで莟が多くなりはじめて山頂付近はけっこう寂しい感じ。山のピークから考えるに、まだ少しだけ早かったようだ。来週末がいいのかもしれない。
檜洞丸山頂でこ撮った写真をチェックしてると、どうもおかしい。露出があまりにも不安定なので、チェックしてみると、絞り機能が働かない時があるようなのだ。困った、来週は湘南よさこいでこのメインレンズが活躍しなければならないのに、また入院か。汗
檜洞丸 シロヤシオ 2014 檜洞丸 シロヤシオ 2014
檜洞丸からつつじ新道を下ると、やはりこちらも山頂直下のつつじのトンネル付近はつぼみが多い。やっぱり、若干はやいようだ。それでも、石棚山への分岐あたりから満開に近づいていく。咲いてから時間が経っていないので、花びらに痛みがなく雄しべの花粉もいい色だ。途中ベンチのある休憩所あたりがピークでキレイだったなあ。