酒匂川花火大会 2015

昨日、1日は酒匂川の花火大会の撮影。

昨年は矢倉岳から挑んで大失敗だったので、山からの花火のリベンジで国府津の山から撮ろうと思ったんだけど、湿度が高くてモヤっているので諦めた。
今年は、西岸の南、露店が並ぶ一帯の後ろから撮って、お祭りの雰囲気を入れつつ花火を撮ろうと狙ってみた。
今使ってるカメラには、花火の長秒撮影に便利なコンポジット機能がついている。フォトショップで言う比較明合成で、長秒露光時にはなかなか便利だ。
ロングシャッターだと、背景が明るくなったり、花火が重なってるところが明るくなりすぎて白く飛んでしまったりするので、比較して明るい部分だけを重ねてくれるのが便利だ。花火では初めて試したけど、なかなか使えそう。白トビしにくいとは言っても、閃光弾のように瞬間的に明るいのは難しかった。
同日には「大井よさこいひょうたん祭り」もあるんだけど、このところご無沙汰が続いてる。一番の理由が流し踊り会場のライトが逆光で、非常に撮影しにくいので不本意な写真が山のように溜まっていくので心が折れる。二つ目は、地元の写真屋さんが写真販売しているようなので、じゃまになってもよくない(ヨイショットなどの外の業者には遠慮しないけど)。そして、過去にアマチュアカメラマンの逮捕という事件もあったので、主催者側が一般人の撮影に対して神経質になっているだろうと予想されるのも、足を遠のかせてる理由だ。撮りたいチームはたくさん出場してるんだけどね。しょうがない。




酒匂が花火大会 2015 酒匂が花火大会 2015 酒匂が花火大会 2015

小田原酒匂川花火大会

このところ毎年、8月の第一土曜日は大井町のひょうたんよさこい祭りに行ってる。今年は本当に久しぶりに、小田原の酒匂川花火大会へと出かけてみた。この大会で一番の目玉であるナイアガラの滝をもう少しまともに撮ったほうがいいんじゃないかと思って、人気の西岸、小田原大橋の北側の観覧スポットへ。気合いを入れて2時間前に場所取り、その甲斐あって写真はまずまず、少なくとも機材の進歩分はよく撮れたんじゃないかと思う。でも、肝心のナイアガラはチョット納得いかないんだよね。ナイアガラが他の花火より明るいのは判ってたので、始まる前に減光フィルターをつけたレンズに交換したんだけど、まだ明るかった。でもこれ以上、光量を減らすと他の花火が暗くなりすぎるので、下半分だけ減光するフィルターを重ねるくらいしか対処法がないかな。




2時間前でも良さそうなところは抑えられていた
酒匂川花火大会'13酒匂川花火大会'13 酒匂川花火大会'13 酒匂川花火大会'13 酒匂川花火大会'13
問題のナイアガラ 3枚の画像を重ねてある
酒匂川花火大会'13

湯河原海上花火大会

本日は湯河原海上花火大会の撮影。普通に撮ってもつまらないので、山から夜景と花火のコラボを撮ろうと、早めに駅に着いた。予定では1時間ちょっとで目的地に着くはずだったのに、放し飼いの犬に吠えられたり(通り過ぎようとすると吠えながらこちらに来るので、飼主が来るまでずっと睨み合ったまま)、道に迷ったりで大幅に遅れてしまった。

結局、到着したのは開始後10分すぎという体たらく。なんとか、撮るには撮ったけど、重いメインの望遠レンズを取り出す事もできず、予備に持っていった軽量レンズで撮る事に。でも、これでも意外といいか(笑)。




湯河原海上花火大会2013 湯河原海上花火大会2013 湯河原海上花火大会2013