夕日の滝の遊歩道が完成したらしい

 南足柄市矢倉沢の「夕日の滝」で13日、遊歩道「金太郎のこみち」の完成披露式があった。夕日の滝は金太郎が産湯をつかったという伝説があり、同市の観光スポットの一つになっている。

これまでは切り株やごつごつとした岩の合間を縫うような上り坂の悪路で、遊歩道の整備は同市観光協会や地元自治会の長年の懸案だった…

毎日新聞webより

夕日の滝は1月中旬に滝口に夕日が沈むことから名付けられた。何度か「夕日の滝開き」などの撮影で訪れたことがある。滝は水量豊富で美しくなかなか見応えがある。夏場は子供達の水遊び場となり、年間を通じて滝行も行われている。確かに、木の根がむき出しで歩きにくかった。
だけどねえ、それほど苦労はないですよ(苦笑)。わざわざ整備するほどの悪路というのはすごく違和感がある。

疑問に思ってちょっと調べると、どうやら南足柄市と箱根を結ぶ県道がこの近くを通る計画らしくて、夕日の滝を観光スポットとしてアピールしたいということらしい。箱根に観光する途中で少し寄っていくには悪路がハードルになりかねないということで、整備されたということなのだろう。

夕日の滝近辺の地蔵堂、矢倉沢はそれこそ民話の世界のような美しい里なので上手くプロデュースできれば観光の可能性が広がるだろう。

 

<スポンサーリンク>



今年の北條五代祭りに高嶋政伸さんが

小田原城址公園銅門広場(神奈川県小田原市城内)などで5月3日に開かれる「第53回小田原北條五代祭り」で、パレードの4代氏政役に俳優の高嶋政伸さん(50)が決まった。初代早雲役は、俳優で「小田原ふるさと大使」の合田雅吏さん(47)が務める。市観光協会が29日に発表した。

カナコロ(神奈川新聞)より引用

急遽決まったのは、北條五代祭りのポスターに間に合わなかったことからもわかる。記事によるときっかけが2月のテレビ放送だから、それを市の観光課内で協議してコンセンサスを得てから打診→条件等を詰めて了解という流れをササっとやるのは難しいだろう。ともかく、氏政役を熱演した高嶋政伸さんを招くことができたのがお祭りの大きな「目玉」となるのは間違いがないところ。いつかは小田原北条を大河ドラマにという悲願に繋がってくれればいいのだけどね。

 

<スポンサーリンク>



荒井城址公園はやっと見頃に 2017しだれ桜 

荒井城址公園は3度目の撮影でようやく、見頃の報告ができる。早咲きの4本が5咲き分から満開となり園内は一週間前とは見違えるように華やかになった。この遅れで2日までだったさくら祭りが日曜日の午後3時まで延長された。したがってライトアップは土曜日まで。人の手配(飲食店の)がつけば延長してやりたいという意向だったから、そういう方向で調整されたのでしょう。
自然を相手にするイベントでは運営の柔軟性が試されるケースが多々ある。逆に今までで一番早く見頃となった松田町の河津桜も前倒しでシャトルバス運行と一部の屋台村を開店した。もう、人間の思惑通りにはいかないものだと最初から想定していた方がいいのかもしれない。

2017.04.06 写真撮影

<スポンサーリンク>



荒井城址公園2017 荒井城址公園2017 荒井城址公園2017 荒井城址公園2017

松田町・寄のロウバイ園は見頃間近だった 2017

松田町の自然休養村ちかくのロウバイ園は、キャッチコピーが日本最大級となっている。
あれ?関東最大級だったような気がしたけどと、ちょっとした疑問を抱いたけど、その理由が到着したらわかった。昨年までは解放されていなかった畑が通路を整備されて解放されるようになっていた。その数は2万本とか。これなら、日本最大級というのもうなずける。
日当たりの良い斜面なので、一周見て回ると冬でも汗をかくくらい。ちょっとしたハイキング気分を味わえるだろう。
咲き具合は5〜7分咲きと見頃のわずか手前くらい。これから2週間のロウバイ祭り開催期間は、甘い香りで園内が満たされるはず。
ここの開花時期は最も遅かった2012年と早かった昨年とで一ヶ月の差があったけど、今年はイベント開催期間とぴったり重なったようで、準備されたみなさんも報われたのではないだろうか。
あとちょっと気になったのは、園内に植えられた河津さくらが開花してたこと。これはハーブガーデンの河津桜もそろそろなのかな?

ロウバイ園の情報は 西かながわ画報

アルバムはこちら 写真帖




松田町・寄 ロウバイ園 2017

松田町・寄 ロウバイ園 2017

松田町・寄 ロウバイ園 2017

 

松田町・寄 ロウバイ園 2017

松田町・寄 ロウバイ園 2017

中井町 厳島湿生公園 あかりの祭典 2016

春に竹とうろうの夕べというイベントを開催している厳島湿生公園でイルミネーションがあるのを知ったのは、新松田駅に貼ってあったごく小さなポスターだった。あまり告知していないのか、情報が伝わってこなかった。

「あかりの祭典」と題したこのイベントは、LEDで飾られたイルミネーションと足元にペットボトルランタンを配した、まさに光の競演。ランタンはロウソクなので、色が暖かく、この季節にはよく合う。ただ、ランタンがあるのは初日の今日だけで、明日から来週の土曜日・三日まではイルミネーションの灯りだけとなる。

竹とうろうと違って、ペットボトルランタンは360度照らすため、照度もかなりある。そこにイルミネーションも加わるので、想像してたよりグッとゴージャスに見える。お客さんからも「思ってたより、スゴい!」という声がよく聞かれた。失礼な話だけど僕自身ももっとショボいものかと、、、はいすみませんでした。

アルバムはこちら




中井町 厳島湿生公園 あかりの祭典 2016 中井町 厳島湿生公園 あかりの祭典 2016 中井町 厳島湿生公園 あかりの祭典 2016 中井町 厳島湿生公園 あかりの祭典 2016 中井町 厳島湿生公園 あかりの祭典 2016 中井町 厳島湿生公園 あかりの祭典 2016